HOME > 突然雨漏りしてしまった時の応急処置

突然雨漏りしてしまった時の応急処置

突然雨漏りしてしまった時の応急処置

スレートが浮いたり屋根塗装が剥がれ落ちたり、瓦が割れるなどして屋根が劣化すると、雨漏りが発生しやすくなります。当然ですが雨漏りは天井だけでなく、サッシや窓から起こることもありますので、突然の雨漏りに慌てないためにも、応急処置や解決策をご紹介いたします。

室内での応急処置

室内での応急処置

雨漏りが突然起こった場合は、まず屋内や床が濡れるのを防ぐ必要があります。また、雨水によってコンセントや配電盤などの電気配線が濡れてしまうと、漏電や火災が起こることもあるため、雨漏りが起こったら電気配線が濡れていないかも確認しましょう。

応急処置としましては、バケツなどの容器や布類や新聞紙を用意して、雨漏りが起こっている箇所の下に置きます。

雨漏りを起こしている天井部分には、ビニール袋などを画びょうで留めたり、糸を垂らした釘を刺したりして雨水を容器に誘導するとシミや飛び散りが少なくなります。

屋根への応急処置

屋根に登る際に安全な足場が確保でき、天候が良い日であれば屋根に応急処置を施すことも可能です。
準備するものは砂利などを詰めた土嚢袋やテープと大きいブルーシートです。雨漏りが疑われる箇所を上から覆い、土嚢袋やテープで固定すればある程度の雨漏りを防ぐことができます。

ここで注意していただきたいのは、ロープやヒモで固定することです。家屋を傷つけるおそれがあるので、避けることをおすすめします。また、建物の隙間を防ぐコーキング剤や防水テープを使った応急処置も避けるようにしましょう。雨漏りの発生箇所を探すのは大変で、無理に行うと雨水の通り道が変わったり、外観の見栄えが悪くなったりするからです。

業者に依頼する

最終的な解決方法は、やはり業者に依頼することです。防水工事や屋根塗装のプロは経験も豊富なので、的確な作業を行います。雨漏りの原因が結露や漏水の可能性もあり、自己流で何とかしようとすると思わぬ事故に繋がるケースもあります。火災保険に加入していれば保険金で費用をまかなえる場合もありますので、雨漏りは屋根塗装や防水工事の業者に早めに相談することをおすすめします。

茨木市で屋根塗装や防水工事をお探しなら、当社をご利用ください。創業30年以上の実績を持ち、地域密着型の施工を数多く行ってきました。当社には一級建築施工管理技士がおりますので、外壁塗装外壁塗り替え、屋根塗装や防水工事など、どんな塗装工事にも対応いたします。

茨木市や北摂地域などのエリアにお住まいの方もご利用されています。施工内容や見積もりなどに関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

茨木市を中心に北摂地域で対応 ご質問・ご相談は無料です。お気軽にお問い合せください。
株式会社 西田塗装店

〒567-0035
大阪府茨木市見付山1-9-17
TEL 072-625-0174
FAX 072-625-0281
大阪府知事許可(特-20)第110499号