HOME > 防水の種類

防水の種類

防水の種類<

屋根塗装と一緒に行われることが多いのが防水工事、代表的な防水の種類についてご紹介いたします。

ウレタン防水

ウレタンは不定形材料として化学製品に多く用いられています。ウレタン防水は主剤のポリイソシアネートと硬化剤のポリオールを撹拌して液体状にし、防水層に流し込んで施工します。

施工後はゴムのように固まり、内部に液体が流入することを防ぎます。下地に塗るだけで防水効果が得られるため、屋根塗装に限らず様々な場所で防水工事に利用されています。作業が簡単で重ね塗りも可能なので、経年劣化や亀裂などにも対応できます。

シート防水

シート防水は下地が極端に悪い状態でも施工可能です。そのため木造建築に利用されることも多いです。シートには合成ゴムや塩化ビニール樹脂がよく用いられ、耐久年数が長く、費用を安く抑えることも可能です。

シート防水

ゴムシート防水は温度による影響を受けにくく、応急処置に最適です。塩ビシートは熱や紫外線に強く、鳥や飛来物による穴開けの被害も受けにくいので、改修工事に向いています。

FPR防水

FPRはガラス繊維強化プラスチックを応用した防水材です。軽量で耐久性に優れているので、車両や歩行による影響を受けにくいといわれています。強度があるのでバルコニーや下水道施設に用いられることも多く、仕上がりも綺麗です。硬化のスピードが速く着色が自由に行え、様々な形状に製作することが可能です。

ただしFPR防水は伸縮しにくい性質を持っているので、地震や紫外線の影響を受けやすいといえます。ちょっとした災害でも、表面にひび割れが起こってメンテナンスが必要になるかもしれません。とはいえ、下地の圧縮や膨張が起こっても剥がれ落ちる心配が少ないというメリットがあるため、ウレタンやシートなどで難しい場所における防水工事に数多く用いられています。

大阪府茨木市にある当社は創業から30年以上にかけて、数多くの防水工事に携わってきました。屋根塗装や外壁塗装と一緒に防水工事を行うと、快適な住まいを維持することができます。防水工事は10年ごとにメンテナンスを行うと長持ちするといわれています。

茨木を中心とした北摂エリアでは、現地調査やお見積もりを無料で行っています。外壁塗り替えなどのリフォームと合わせて、ぜひご活用ください。

茨木市を中心に北摂地域で対応 ご質問・ご相談は無料です。お気軽にお問い合せください。
株式会社 西田塗装店

〒567-0035
大阪府茨木市見付山1-9-17
TEL 072-625-0174
FAX 072-625-0281
大阪府知事許可(特-20)第110499号