HOME > 施工実績:鉄部塗装 > T様邸ベランダ手摺・笠木の塗替え

T様邸ベランダ手摺・笠木の塗替え

ベランダ手摺・笠木

現状

塗替え時期としてはちょうど良いくらいでした。

旧塗膜のケレン

まずは旧塗膜がめくれている箇所を皮すき・ワイヤーブラシ等で平滑にし、全体にペーパーがけします。

ケレン・清掃完了

ケレンした後、その粉が風で塗装面に付着しないように綺麗に清掃します。

エポキシサビ止めの塗布

サビ止め塗料はエポキシ系が主流です。

エポキシサビ止め完了

手摺・笠木・物干しにサビ止めを塗布しました。

手摺架台のシーリング

サビ止め後、手摺架台と笠木の隙間を変性シリコンシールで塞ぎました。

笠木端末のシーリング

笠木端末と外壁の取り合いにも隙間を確認しました。

上塗り1回目

油性ウレタン上塗り材の1回目塗布です。

上塗り2回目

1回目と同じ材料を乾燥した後もう一度塗布します。
膜厚がしっかり付くのは言うまでもなく、ウレタン系の上塗りの場合はとくに、仕上がりのツヤに違いがでます。

ベランダ手摺・笠木・物干し

塗替え完了

 
茨木市を中心に北摂地域で対応 ご質問・ご相談は無料です。お気軽にお問い合せください。