HOME > 施工実績:外壁塗装 > 外壁塗膜のふくれ補修

外壁塗膜のふくれ補修

少し解りずらいですが、赤丸の部分の補修を紹介します。

着工前
雨水が躯体と塗膜の間に入り込み、膨らんでしまっていました。

ハツリ・ケレン
膨らんでしまった部分の塗膜を除去します。

モルタル補修
ケレン後、下地をよく乾燥させて補修用モルタルで段差をなくします。

モルタル補修完了
一度にモルタルを厚付けせず、段差の厚みに応じて2度、3度
塗りつけて仕上げます。

パターンの復旧
シーラー塗布した後、パターンの復旧をします。
今回は吹き付けのパターンではなく、マスチックローラーで
防水型のベース材でパターンを付けました。

上塗り1回目塗布
ベース材が防水型なので、弾性の上塗り材を使用します。

上塗り2回目塗布
弾性の上塗り材2回塗りです。膨れていた部分が綺麗に仕上がりました。

完了
赤丸部ですが、これも解りずらくてすいません。

茨木市を中心に北摂地域で対応 ご質問・ご相談は無料です。お気軽にお問い合せください。