HOME > 塗料に含まれている成分

塗料に含まれている成分

塗料に含まれている成分

一口に塗料と言っても、その種類はとても豊富です。 入っている成分によって性能もことなりますので、様々な効果を得る事ができます。 例えば、セラミックの小さなビーズを入れると断熱性の高い塗料が作られ、鉛の加工物の赤い粉を入れると錆止め、といった具合です。屋根や外壁などは防水性の高いものや、紫外線にもたえられる塗料を塗る事が建物の耐久性を保つことになります。

塗料に含まれている成分について、少しご紹介致します。 塗料と言うものは、顔料や樹脂、添加材、溶剤、結合剤が混ざってできています。

塗装材料の成分


顔料
色のついた物質の総称を言います。この顔料が入っている事で塗料のカラーは決まり、見た目を整える事ができます。 塗料に顔料が入っていないと無色透明な液体です。この顔料は水に溶けない物質です。無機顔料と有機顔料の二つに大きく分ける事ができます。
樹脂
結合剤の役割を持っており、塗膜が固まるもとになる成分です。現在では合成樹脂が多く使われています。 樹脂の特徴が気候にどれだけ耐えられるかや、耐水・防水性などの性能を決定づけています。 アクリル塗料やウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料などのよく耳にする塗料は、この樹脂の名前のことです。
添加剤
塗料の性能を向上させる機能があります。塗料内に含まれている割合は少ないのです。 増粘剤や、水性塗料に存在する防腐剤、安定剤、乾燥剤などが添加剤として挙げられます。
溶剤
樹脂などを溶かして流動性をもたせるために使われます。柔らかくなるため、塗るのが楽になります。 蒸発して塗膜には残りません。粘度を調整したり、塗面の仕上がり性を綺麗にしたりする為に使われます。 アルコール、エーテル、ケトン、エステルなどが挙げられます。

・塗装の依頼は専門業者へ
これらの塗装用品はホームセンターでも購入することができます。そのため、少しの塗装ならご自分で行うことも可能です。 しかし、塗料の成分によって効果は大きく変わりますし、材質にあった適切な塗料を選び出すのは難しいのではないでしょうか。 我々のような専門の塗装業者なら、求めている効果や材質にあった塗料のアドバイスをすることも可能です。

茨木市を中心に北摂地域で対応 ご質問・ご相談は無料です。お気軽にお問い合せください。
株式会社 西田塗装店

〒567-0035
大阪府茨木市見付山1-9-17
TEL 072-625-0174
FAX 072-625-0281
大阪府知事許可(特-20)第110499号