塗装の塗替え時期
住宅の塗装を行う目安は10年と言われています。 外壁や屋根は、10年間ずっと雨や風、太陽から発せられる紫外線にさらされ続けています。 ちょうど10年ごろになると塗装が劣化してひび割れやチョーキングが起こります。

少しの塗装なら自分でも行えますが、外壁や屋根の塗装は足場が必要ですし、広範囲なので色ムラなどがあると目立ちます。 塗装は、外観を整えるという意味も多く含んでいます。塗装をすることによって余計に外観が悪くなってしまっては、意味がありませんよね。 しかし、業者選びには注意が必要です。

訪問販売の塗装業者に、家の傷みを指摘され、心配になってしまう方も多くいらっしゃいます。 しかし、中にはまだ塗替えが必要なほど深刻な劣化でない場合でも、塗替えを進めてくるケースがあります。 少しのひび割れであれば、雨が染みこんで来ることもありません。

どうしても気になると言うのであれば、ホームセンターなどで売られているものを使って、部分的に補修するだけで十分です。 しかし、外観という面に関しては個人の判断によります。
塗装の艶が落ちてきたり、色の彩度が落ちて変色していたりしていたら外観的にも美しくないので、塗替えを行う方も少なくありません。 変色し始めると、次にチョーキング現象が起こるので、その前に塗替えを行うのも、建物を長持ちさせることになります。

塗装の持ち
外壁や屋根塗装を行った後、どれくらいその塗装が持つのか、気になるところではあります。
塗装によって耐久性の高さに違いがあるので、 ウレタン塗装7年、シリコン塗装12年、フッ素15年など、具体的な数字を表示することも可能です。 しかしその数字は家の状況や作業の念入りさによって変動して行くものです。

例えば、海の近くに建てられた家で、毎日のように潮風に当てられているのであれば、一般的に表示されている年数よりも早くサビが進行してしまいます。 また、先述しましたが、塗り替え時期の判断が人それぞれということもあります。 お客様が家の汚れを気になされたり、少しのカビが気になったりするのであれば、その家の塗り替え時期といえるでしょう。 そのため、はっきりと何年持つ、と断言する事はできないのです。