HOME > 雨漏りがもたらす健康被害

雨漏りがもたらす健康被害

雨漏りがもたらす健康被害

毎日の生活を過ごしている住宅ですが、建物の劣化から守るためには屋根塗装や外壁塗装などの施工が大切です。 定期的に建物の劣化がないかチェックをして被害が出る前に対策するのが重要で、放置しておくと雨漏りが発生して建物の劣化へと繋がります。
雨漏りにより建物の劣化が進むと、実は建物の状態だけではなく私たちの健康へ影響を及ぼす可能性があります。 このページでは、雨漏りがもたらす健康被害について説明いたします。

さまざまな健康被害


@雨漏りによるカビやダニの発生
雨漏りや結露は放置しておくとカビやダニ発生の原因となります。 カビが発生すると、ダニはカビを餌にしているのでカビ発生はダニの繁殖を招いてしまいます。

ダニは生活空間のいたる所に存在はしていますが、餌が豊富にあると活発に繁殖します。 カビ・ダニが大量にしてしまうことにより、死骸がちりに混ざって部屋中に飛び散ります。 部屋中にこれらの死骸が飛び散り吸いこんでしまうと、アトピーや喘息などの健康被害を引き落とす場合もあります。

ダニについては、寝具やカーペットなどのほこりが溜まりやすい場所で大発生することのあるチリダニは糞や死骸が気管支喘息やアレルギー性鼻炎を引き起こす原因になります。チリダニはの死骸や糞はハウスダストのアレルギー原因となるのが大きな問題です。 小麦粉などの乾燥食品や畳などに繁殖するコナダニは、直接噛み付くことはありませんが体内に入るとアレルゲンになる可能性があります。 ツメダニは、吸血はしませんが噛むことがありますので、噛まれると皮膚にかゆみや赤みといった症状を起こしてしまいます。

また、カビが引き起こす症状としては、下記の症状があります。

・アレルギー性鼻炎
・気管支炎
・喘息
・過敏性肺炎
・アトピー性皮膚炎
・シックハウス症候群

これらの症状も引き起こしてしまうと、生活に支障が出てきますので細心の注意が必要です。

A精神面苦痛
雨漏りをそのままにしておくことは、精神的苦痛を与えるとも言われています。 雨漏りは日常生活に物質損失と経済的損失をもたらし、大きな精神的苦痛を与え続けます。
雨漏りをそのままにしてしまうと、心身ともにいい影響はありません。 雨漏りの症状が少しでも見られたときは、放置しておくと金銭的な修理負担も大きくなってしまいかねませんので早めの対応が大切です。

茨木市を中心に北摂地域で対応 ご質問・ご相談は無料です。お気軽にお問い合せください。
株式会社 西田塗装店

〒567-0035
大阪府茨木市見付山1-9-17
TEL 072-625-0174
FAX 072-625-0281
大阪府知事許可(特-20)第110499号